看護師のブランクがあっても大丈夫!「受けられる支援」と「看護師求人」の探し方

プランクありでも看護師に再就職する女性



出産や子育てを機に一度現場から離れた看護師の中には、ライフイベントが落ち着いたころに再就職する人がいます。

看護師の仕事は専門知識やスキルを要する内容が多いので、「ブランクがあっても職場復帰できるの?」と不安に感じる人もいるでしょう。

しかし、看護師は一生ものの資格です!ブランクがあっても職場復帰をしやすい制度や環境が整っています。
ぜひ、ご自分のライフスタイルに合わせた求人を選択してください。

ここでは、ブランクがある看護師のために、再就職の方法やオススメの施設をご紹介します。

おすすめの求人サイト

復職を歓迎してくれる医療機関を多数掲載しています。
常勤・非常勤を含めサポートが充実している求人を多数、
正看護師・准看護師・アルバイトをお探しなら下記の求人サイトがおすすめです。

  1. 再就職で最大40万円の入職祝いがもらえる「ジョブデポ」はこちら
  2. 非公開求人が多い「マイナビ看護師」はこちら
  3. レア求人多数!年間利用者数10万人「ナース人材バンク」はこちら

 

再就職する場合の3つの不安要素

再就職は誰でも不安なものですね。看護師として再就職する際には多くの人が不安を抱えています。
よく挙げられる3つの不安要素について、解決策とともに見ていきましょう。

復職するのに年齢は関係ある?

子育てがひと段落してから職場復帰を目指すとなると、「年齢が若くないと再就職しづらいのでは?」「求人に年齢制限があったらどうしよう」といった不安を抱えている人が少なくありません。

看護師は体力勝負な面もあるので不安に思われるのも当然でしょう。

しかし、業務が多岐に渡る看護師として職場復帰をするのに、年齢はそれほど関係ないといえます。

看護師の資格は一生もので、医療現場は人手が不足しているといわれるからです。
職場で働いてきた経験はブランクがあっても患者さんのケアに欠かせません。

ただし、職場によっては体力的につらい場合もあるでしょう。

例えば、救急医療など24時間何が起こるかわからない現場や、夜勤がある職場では体力が必要とされます。
復帰先の募集要項をよく見て、勤務や月給など年齢にあった職場を選択する必要があると言えます。

離職期間があっても大丈夫なの?

看護師の仕事から何年も離れてブランクがあると、新しく導入された医療技術についていけるか、これまで培ったスキルが衰えていないか、働き方を忘れていないか、といった不安は生じます。

離職期間が数年であれば、看護師として培ったカンやスキルは働いていくうちに取り戻せるといわれます。

そのため、もともと経験したことのある診療科に再就職する人もいます。

再就職するにあたって、自分の知識・技術面に不安を抱いている場合は、復職支援研修を受けるというのも一つの方法です。
看護師の資格があれば離職期間に関係なく受けることができ、最新の医療知識を得られるほか、演習もあります。

また、求人の中には「ブランク可」としているものもあるので、「ブランク可」の求人から再就職先を探してみるのもオススメです。

ブランクがあるからといって働けなくなるわけではなく、あくまで本人のやる気が必要です。

子育てと両立できる?

出産や子育てをきっかけに離職した女性は、「子育てなど家事と仕事を両立できるのか?」が不安になるのではないでしょうか。

ライフスタイルに合わせて子育てと仕事を両立させるなら、夜勤のない職場を探しましょう。

有床の施設は夜勤のある可能性が高いですが、クリニックや訪問看護ステーションなど、日勤のみで規則的に休みを取得できる施設もあります。

もしくは、保育施設を備えている職場を探して、子育てと両立するのも手段の一つです。

子育ては大変

人によって生活環境は様々なので悩みもたくさんあると思いますが、何を重視して再就職するのか優先順位を立てると上手くいきやすいみたいです。

看護師の転職

看護師の転職で円満退職する方法!退職までの流れを解説

2018年6月24日

初めての再就職で不安な人や、ブランクを不安に感じる人などを支援する、制度と研修を知っておきましょう。

再就職支援について

看護師が再就職する際に受けられる支援として、「届出制度」と「再就業支援研修」があります。

届出制度

看護師が離職時にナースセンターに届け出を行うと、復職に向けて支援を受けられる制度です。

離職している人それぞれの状況に合わせた情報を取得したり、職業を紹介してもらったり、研修を受けたりすることができます。

また、届け出るには「とどけるん」というWebサイトに登録する方法もあります。

氏名や生年月日、連絡先、職歴、就業に関する状況などを登録すると、ナースセンターの最新情報を得られるほか、実際に復職した人のインタビュー記事などのコンテンツを読むことができます。

・とどけるんはこちら
・再就職で最大40万円の入職祝いがもらえる「ジョブデポ」はこちら

再就業支援研修

再就業支援研修とは、現在は他の業界で働いていて看護師として働いていないものの、職場復帰することを希望している人に向けた研修制度です。

知識や技術レベルに応じた講習会やセミナー、医療現場で実習を受けられるプログラムなど、さまざまな研修があります。

離職期間が長い人だけではなく、職歴が短い人や臨床経験がない人向けの研修も存在します。

では、上記の制度や研修を利用する以外で再就職先を探すには、どうすれば良いのでしょうか。

再就職先を探す方法

再就職先は転職の場合と同じように、求人広告サイトやハローワークを使うか、人材紹介会社を使って紹介を受ける方法で探します。

自分で求人を探す方法

自分で再就職先を探すには、求人広告サイトや転職サイトを利用する、もしくはハローワークに行くなどの方法があります。

求人広告サイトや転職サイトの場合は、希望に合う求人をWebサイト上で探して応募します。

サイト上で必要事項を入力して会員登録を行うものと、登録をしなくても利用できるものがあります。料金は基本的に無料です。

サイトによって異なりますが、休日数や勤務時間、施設形態、診療科、夜勤の有無といった条件を絞り込んで、自分の希望に合う求人を探せます。

おすすめの求人サイト

  • 再就職で最大40万円の入職祝いがもらえる「ジョブデポ」はこちら
  • 非公開求人が多い「マイナビ看護師」はこちら
  • レア求人多数!年間利用者数10万人「ナース人材バンク」はこちら

など多数の求人サイトがあるので複数使うと再就職先は見つけやすいです。

ハローワークの場合は窓口に行って相談したり、求人情報提供端末で求人を探したりするほか、「ハローワークインターネットサービス」でも求人を検索できます。

厚生労働省が運営しているため安心感がありますが、一般企業の求人が多く、看護師向けに特化しているわけではない点がデメリットです。

また、各都道府県の看護協会が運営するナースセンターでも、職業の紹介を行っています。

「eナースセンター」を利用して、インターネット上で求人を検索することも可能です。

国の運用している求人サイトよりは民間の運営している求人サイトの方が使いやすく、求人の質も高いです。

紹介を受ける方法

人材紹介会社を利用して再就職先を探す場合は、会員登録をする必要があります。

人材紹介会社の登録料は基本的に無料です。

今までの職歴や就職先の希望を登録すると、自分にマッチしているであろう求人の紹介を受けることができます。

登録後、担当者からメールや電話で連絡が来て、希望条件などの相談をしながら、求人紹介を受けるという流れが一般的です。

病院との面接の日程を組んだり、給与や手当を交渉したりするのも人材紹介会社が代行してくれます。

求人情報の検索から給与などの条件交渉まで、必要な手続きを代わりに行ってもらえるのが魅力ですが、希望条件に見合う求人をなかなか紹介してくれない場合もあります。

人材紹介会社に登録する場合は一つだけではなく、いくつか登録することをオススメします。

おすすめの求人サイト

  • 再就職で最大40万円の入職祝いがもらえる「ジョブデポ」はこちら
  • 非公開求人が多い「マイナビ看護師」はこちら
  • レア求人多数!年間利用者数10万人「ナース人材バンク」はこちら

求人の探し方がわかったら、最後に知っておきたいのはブランクがある場合の再就職先に向いている施設です。

オススメの施設も知っておきましょう。

再就職先におすすめの施設

年齢や体力によって働き方が変化するのは自然の摂理ですね。ライフスタイルに合わせた就職先を探しましょう。

クリニック(診療所)への就職

まず、プライベートを充実させたい場合の就職先はクリニック(診療所)です。

就業時間や休みが決まっていて、残業が少ない傾向にある職場です。有床でなければ、夜勤もないため、体力面で不安がある場合も安心です。

規模によっては看護師が雑務も担っている場合がありますが、点滴や処置の介助などもあり、病院に比べてゆっくりとしたペースでスキルを取り戻せるでしょう。

介護施設への就職

次にオススメなのが、介護施設です。

介護施設で勤務する場合は、バイタルの測定や薬の管理、応急処置などの業務に携わり、施設を利用する人の健康管理が主な仕事となります。

業務のペースは病院よりもゆっくりとしています。日勤のみの施設を選べば、育児との両立も図れるでしょう。

また、訪問看護ステーションも基本的に残業が少なく、夜勤がありません。

決められた時間に利用者の自宅に行き、医師の指導の下で健康チェックなどのサービスを提供します。

直行直帰が可能なところもあり、子育てと仕事の両立をしやすい再就職先といえます。

ただし、オンコール対応があるかどうか、確認するようにしましょう。

ブランクがあっても再就職先は見つかる!

ブランクに悩む女性

国家資格の看護師はほかの職業に比べて再就職しやすいものの、ブランクがあると転職に不安はつきものです。

現役時代バリバリ働いていた分、一度仕事を離れると復帰できるのか不安になってしまいがちです。

知識や技術に不安がある人は、再就業支援研修などを受けると良いでしょう。

体力的に不安がある人や、仕事と子育てを両立させたい人は、就職先の探し方を工夫する必要があります。

看護師の再就職先を探す方法はさまざまですが、無料で自分が求める条件に合った求人を紹介してもらえる点から、人材紹介会社や転職サイトを利用している人が多く見られます。

再就職先を本気でお探しであれば、複数の転職支援サイトに登録されることをおすすめします。

おすすめの求人サイト

復職を歓迎してくれる医療機関を多数掲載しています。
サポートが充実している求人。
正看護師・准看護師・アルバイトをお探しなら下記の求人サイトがおすすめです。

  1. 再就職で最大40万円の入職祝いがもらえる「ジョブデポ」はこちら
  2. 非公開求人が多い「マイナビ看護師」はこちら
  3. レア求人多数!年間利用者数10万人「ナース人材バンク」はこちら