行政書士の難易度は他の人気資格と比較するとどうなのか?

行政書士の難易度について考える



行政書士試験は人気資格。

独占業務があるので独立・起業もやりようによってはできる資格です。

人気資格ではありますが、毎年合格率が一桁。難関資格であることは間違いありません。

今回は、難関資格「行政書士」資格とそのほかの難関資格とを比較して難易度を考えたいと思います。

行政書士とはどんな資格?何が出来るの?

行政書士は法律関係の資格になり、取得することで法律関係の書類を代行して作成する事ができる様になります。

また外国人の方が日本に滞在する為に必要なピザなどの申請もできるので、資格の需要としては幅広くなっており、様々な仕事を請け負う事ができます。

独占業務となる資格で、作成する事のできる書類の数の種類は多岐にわたる為、働き方次第ですが行政書士を取得する事により、安定した収入を得ることが可能です。

自分で独立して事務所を持つ方も居れば、企業の専属として働く方も居て、働き方も多種多様になります。

自分に合った方法と選ぶといいでしょう。

働き方や営業のかけ方次第で生活をしていく事に困ることはない程度の安定した収入も狙えます。また、これからも行政書士の需要が伸びることが期待されているので、行政書士の資格を目指す方は多くなっています。

資格としては法律関係の入門的な知識を学ぶことができるので、行政書士から取得して他の法律関係の資格を取得を目指している方や法律関係を学びたいと考えている方には最適です。

もちろん独学でも時間はかかりますが十分合格することが出来ますし、人気資格なので学力に不安な方には通信講座などでも沢山出ていますので、勉強をする方法は色々な方法の中から選ぶ事が可能。

行政書士の難易度は司法書士・税理士・社労士と比較するとどうなのか?

行政書士の難易度ですが、司法書士・税理士・社労士と比べて比較すると問題の出題される範囲が狭くなっているので、司法書士・税理士・社労士よりは難易度は低いということが出来ます。

司法書士の勉強方法と難易度について

2018.02.14

税理士資格に合格して税理士になるには?

2018.02.25

社労士は独学で合格できるのか?

2018.02.14

但し、難易度が低いと言っても司法書士・税理士・社労士に比べると低いと言うだけで、一般的な難易度が低いわけではありません。

事実行政書士の合格率は10%前後になっており、勉強時間も独学で行う場合は平均500時間は見ておく必要はあります。

この為、直ぐに勉強を初めて取得できるような資格ではないので注意が必要です。

きちんと年間を通して必死に勉強をしてやっと取得できる程の難易度の資格になるため、資格を取得した際に出来る業務範囲も幅広くなっており、収入を得ることができる様になっています。

司法書士・税理士・社労士は行政書士より更に専門的な資格になるので、行政書士に比べると難易度が高くなりますが、行政書士の資格が他の資格より劣っているという訳ではありません。

その証拠に毎年行政書士を目指す方は数多くなっており、行政書士の勉強をする事のできる専門学校なども沢山出てきています。

難易度の高い資格にはなりますが、取得する事に多くの魅力を感じる事ができるはずです。

行政書士に独学で合格できる?

行政書士に独学で合格できるかどうかですが、きちんと勉強する為の時間をとる事ができる方であれば、独学でも合格する事は可能です。

行政書士を取得する為の勉強時間は平均500時間と言われているので、年間を通してスケジュールを立てて、仕事や学校と両立させる事ができれば、独学でも取得するのが難しいという訳ではありません。

また独学をする際にはテキストや参考書選びも大切になるので、テキストや参考書の評判や口コミを参考にして選ぶ必要があります。

自分のレベルに合った良いテキストや参考書を選ぶ事ができれば、独学でも勉強内容を難しく感じる事もなくなりますし、丁寧な説明の物を選ぶことで初めて行政書士を目指す方でも安心して勉強に取り組む事が可能です。

難解なテキストや参考書を選んでしまうと挫折してしまう事にも繋がりかねませんので、よく考えて選ぶようにしましょう。

次に独学で合格する為には環境作りを行うことも大切になりますので、勉強をする際には集中して出来るように邪魔が入らない環境で勉強をして下さい。

テレビをつけていると気が散る事にもなりますので、机に向かって集中して勉強する環境を作るようにしましょう。

家での勉強に誘惑(ゲームや漫画)があれば断ち切ることが大切。場合によっては喫茶店や図書館などの施設を使うといいです。

集中する事が出来れば独学でも合格は可能です。

行政書士のおすすめテキスト・参考書

行政書士のおすすめテキスト・参考書ですが、まずは「合格革命行政書士シリーズ」です。

その名の通り合格をする事に大切な知識を全て学ぶ事が出来るようになっており、網羅されている範囲も幅広くなっているので、このシリーズを全て利用すると独学でも行政書士を取得する事が可能です。

インターネットでも本屋さんでも販売されていますが。合格革命はシリーズで購入するとより勉強の効果が上がるので、購入する際は先に全てのシリーズが揃っているかどうか確認しておくと良いでしょう。

次は「うかる!行政書士」です。

これもシリーズで出ていますが、行政書士に受かる為に必要な知識を勉強する事ができます。総合テキストが出ており、価格も安価なので購入のしやすさも魅力です。

最後は「出る順行政書士」になります。

出る順行政書士は本当に試験に必要な問題を順序立てて説明されているので、初心者には勉強をしやすいテキストになっています。

順番通りに勉強をしていくと暗記しやすくなっていますし、基本的な部分を身につける事ができるので、初めて行政書士を目指す方にもおすすめです。

上記で紹介したテキスト・参考書を利用する事により、独学でも行政書士を目指す事ができるだけではなく、わかりやすいのでモチベーションを上げることも可能になります。

基本的に難関資格への勉強は辛いのでモチベーションの対策も必要。

行政書士の難易度まとめ

行政書士の難易度まとめですが、他の法律関係であるマンション管理士に比べると同じレベル、行政書士方がやや難の難易度になっているので、ダブルライセンスで取得をされている方も珍しくありません。

マンション管理士に独学で合格するための勉強方法

2018.02.26

また行政書士の勉強内容はビジネス法務の資格の内容にも似ているので、一緒に取得する事も可能です。

行政書士の難易度から見るとビジネス法務はやや簡単な内容になっているので取得する事ができれば、試験の練習にもなり自信にも繋がります。余裕があればビジネス法務検定試験も受験してみましょう。

ビジネス実務法務検定に合格するための勉強方法

2018.02.24

行政書士だけの難易度を見ると合格率が10%前後になる為、難しい資格に感じるかも知れませんが、法律関係の資格から幅広い視点で見るとそこまで難易度が高いわけではありません。もちろん法律初学の方には難しいでしょう。

独学でも勉強時間をとりながら行政書士におすすめテキスト・参考書を選ぶことにより、独学でも合格する事は可能です。

初めて行政書士の勉強をする場合には難しく感じるかも知れませんが、難易度ばかりに気を取られていると勉強に集中する事もできませんので、一度独学で集中して勉強を始めるとどの程度の難易度になるのか自分自身で確かめる事が可能です。

行政書士の資格を習得する事により多くのメリットが多いので、勉強時間をかけても損をすることはありません。

将来に役立つ資格になるので、しっかりと勉強する事が大切です。

独学で勉強するのが無理な方は通信講座を使ってみると効率的に学習できます。

資格スクエアの評判や実績について調べました

2018.03.16